場見学に関してのお知らせ。

工場見学にいらっしゃいませんか?

入間工場の見学を、下記の要領で受け付けています。
ご家族、友人、サークルの仲間と5名様以上30名様以下のグループでお申し込みください。

お申し込み、お問合せは
 ・月〜土 9:00〜18:00
 ・TEL 04−2934−3121(代)

※ 工場見学の受付は、毎月15日から翌月分に限り受付けさせていただいております。
   予約状況により、ご希望に添えない場合がございます。あらかじめ御了承願います。

※ 日曜日は工場休日のため、工場見学受付は行っておりません。
   あらかじめ御了承願います。

※ 工場内のベビーカー、車椅子での移動はできませんので、
   あらかじめ御了承願います。

※ 旅行会社等による営利を目的とした見学は、お断りさせていただいております。
   あらかじめ御了承願います。


見学の内容
 ・DVDにて概要説明。
 ・麺工場の見学。
 ・ご試食。(つくりたての麺の試食が出来ます。)
 ・販売。

見学時間は、10:00〜11:00の1日1回となります。
駐車場はございますので、申込時にご相談下さい。

※ 見学時以外の工場での商品販売は、都合によりいたしておりません。

心してお召し上がりいただけます。
 当社の麺・スープ・惣菜などすべての食材は、業界で初めて品質管理・品質保証の国際規格「ISO9001」を取得したことのある、自社のセントラルキッチンで一貫生産しております。

 セントラルキッチンが使用する食材は味覚・風味・鮮度・栄養価・安全性などに配慮し、厳しく選び抜かれたもの。優れた材料から製品まで、全ての食材を工場で一貫生産しています。手作り感覚で仕上げるノウハウが、山田うどんならではのおいしさを生み出しています。

 セントラルキッチンは当社創業以来60年以上にわたって築き上げてきた独自のノウハウを基に完成した最新鋭の製麺ならびに食品加工工場で、常にお客様に手づくりの美味しさを提供出来るようさまざまなアイデアが生かされています。なかなか見ることのできない生産工程の一部を、是非ご覧ください。

茹でうどん・そば生産工程


生産工程はWindows Media Playerで再生可能です。
Windows Media Player を入手する


統を継承し発展させる"食"へのこだわり。

 古くから伝承されて今に伝えられる食の多くは、庶民の暮らしの中で育てられてきました。山、海、里、それぞれの風土にあわせて、個性豊かに開花した食文化は、日常の中で私たちに親しまれてきました。そして、その伝統を山田うどんは大切にします。日本の伝統食である麺を中心に、食への愛情とこだわりを常に探求しています。
び抜いた食材で一貫生産。

 食の基本が材料のよしあしにあるということは言うまでもありません。セントラルキッチンが使用している各種材料は、味覚・風味・鮮度・栄養価・安全性などに配慮し、厳しく選び抜いています。優れた材料から手づくり感覚で仕上げるノウハウが山田うどんならではのおいしさを生み出しています。
彩な食材を生み出す山田うどんの台所、セントラルキッチン。

 セントラルキッチンでは、ファクトリー・オートメーションの思想にもとづいて設計された、近代的な生産ラインが稼働しています。なかでも麺の生産ラインは直売目的としては業界でも最大規模のもの。もちろん麺ばかりではなく、スープ、惣菜(カレー・チャーハン・肉類加工品・煮込み類)など店舗でお客様にお召し上がりいただく食材を生産しています。
産、品質管理のオリジナル・システム。

 セントラルキッチンでは、あらゆる食材を生産するうえで「高品質」にこだわっています。製麺・茹麺・殺菌・急速冷却・パッケージまで、麺の生産工程は完璧に管理され、高品質・均一化を実現しています。さらに独自のノウハウを発揮し、山田うどんならではの製品づくりをすすめています。
生管理も完璧です。

 セントラルキッチンで生産工場に入る者は、すべて消毒の過程を通過します。工場内への外気の吸入もエアフィルターを通して行うなど、徹底的に食品の安全性を追求しています。生産ラインや設備機器などは毎日ていねいに清掃・消毒・点検しており、衛生管理体制は万全。特に雑菌繁殖の原因となる、麺の茹で工程後の粗熱を取り除く急速冷却装置を導入し、品質向上に大きな成果をあげています。山田食品産業株式会社が厚生大臣賞をいただいたのも、こうした努力が評価されたものと自負しております。

HOME
HOME
買い物をする
買い物をする
レシピを読む
レシピを読む

©山田食品産業株式会社